蕾の喜び

メニュー


Seasonal cook

Meeting of refined flavors is there at Maison Blanche … After several years in the kitchens of renowned institutions all around the world, its chef, Fabrice Giraud settled in the kitchen of Maison Blanche restaurant in March 2015. Influenced by Mediterranean flavors of his childhood and his many travels, he imagines day after day a seasonal cook according to the market arrivals! A food with authentic accent which sings!

The menus proposed above are reserved for individual customers (up to 9 people).
For groups from 10 people, refer to the section”Events


Wines

Maison Blanche sommeliers attach the importance to share the different French vineyards and advise to sublimate the association with food. Wine menu of the restaurant has a wide range of over 380 references…
In the center of Parisian golden triangle, Maison Blanche proves to be the ideal setting for business lunches, family, friendly or your romantic rendez-vous!

Carte des Vins

 

 

Fabrice Giraud

料理長


ラ・シオタ出身の料理長のファブリス・ジロー氏は、ニースの名店「シャントクレール・ドゥ・ネグレスコ」に入って料理界に足を踏み入れ、パリの「グラン・カスカード」、モナコのオテル・ド・パリに併設されている「アラン・デュカス」で修行を積みました。
1999年、ブリュッセルにレストラン「ル・パン・エ・ル・ヴァン」がオープンした際、初めて料理長として任命され、店はたちまちミシュランの星を獲得するレストランとなりました。
2001年、サン=テミリオンの「グランバライユ」の料理長となり、続いて、「ペリゴール」、「エルムノンヴィルの」の料理長として経歴を重ねました。

2009年、ファブリス・ジロー氏は、海外にわたり、上海の「浦東シャングリ・ラ」、トルコの「シャングリ・ラ ホテル イスタンブール ボスポラス」で腕をふるいました。
カンヌの「ティアラヤクサ」、ティアラ ミラマー ビーチ ホテル & スパ(オープン時)で料理長に任命された後、料理長としてレストラン「
メゾン・ブランシュ」に入りました。
ファブリス・ジロー氏は、メゾン・ブランシュの洗練された料理に太陽の陽射しをもたらし、季節や市場に入った食材に合わせてバリエーションを生み出しています。世界中を旅して持ち帰った数々の発見がジロー氏の料理を豊かなものにしています。
ニュースレターをご購読ください!

(Français) Appelez-nous
Directions